忍者ブログ
AMAZON
フリーエリア
最新コメント
広告
インテル製チップセットを搭載し、基本機能の充実、メンテナンス性も向上した高性能なクライアントPC Endeavor AT971 HP Directplus オンラインストア
25 24 23 22 29 21 20 19 18 17 16 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

投稿者 : かおん [編集]
対策基盤でのCFWが導入可能に!!
遂にPSP-3000に対応!!

対策基盤PSP-2000シリーズで利用可能なCFWEnablerにPSP-3000でも利用可能なCFWEnabler v3.01がDavee氏により、早速リリースされました。
とはいっても、今回リリースされたのは、HENです。
継続的に利用できるタイプではないので、一度電源を切ってしまえば元のFWに戻ってしまいますが、それでも絶望にちかかった対策基盤でのCFW化は、かなりの前進ではないでしょうか?
iPod Touch でいうところの仮釈放のようなものですね。



CFWEnabler v3.01でできることは
  • ISO起動
  • 自作アプリ起動
  • プラグインの読み込みが可能
  • VSHMenuが使用可能
  • その他 CFW 5.00M33の一部機能の実装
    また、FW5.00からpops.prxとpopsman.prxを抽出して使用することにより、PS1エミュの起動も可能になりました
v2からの変更点としては、以下のようになっています。
  • PSP-3000に対応した
  • GUIのデザインを変更
  • システムのアップデートで公式FWに自動でアップデートできないようになった
  • UMDのリージョンフリー化 PIC0.png/PIC1.pngを非表示する事が可能になった
  • varsion.txtをサポート、CPU速度変更の対応
また v3.00からv3.01でVSHでのプラグイン読み込み時のバグを修正したようです。

では、簡単に導入方法を書いておきます。

以下に導入方法をまとめてみました。

注意:以下の操作によってPSPが故障しましても当サイト管理人は一切の責任を持ちませんので、自己責任でお願い致します。

1.下記リンクより、ChickHEN Homebrew Enabler をダウンロードします。

ChikHEN Homebrew Enabler」 ホームページ

psp_hen1.png

psp_hen2.png

psp_hen3.png

psp_hen5.png

上記のリンクをたどって、ChickHENR2.rarを
ダウンロードして解凍します。

2.対応しているファームウエアは、 「Download ChickHEN for Firmware 5.03 R2」となっているとおり、5.03に対応しています。5.02以下の場合は、アップデイトしてください。

3.HENは、起動率というのが100%ではないらしい、起動させる為というわけではないのですが、起動しやすくするためのおまじないというか、やっておく事があるそうです。やっておいて損はないので、以下の手順に従って進めてください。
  1. PSPの表示言語を English 、文字セットをUS(437)に設定。
  2. メモリスティック内のPSP/PHOTO内にあるファイルをあらかじめ削除しておきます。
  3. もしPHOTOフォルダがない場合は、新規作成しておきます。
psp_lng1.png

psp_lng2.png

psp_lng3.png

psp_lng4.png

psp_lng5.png

psp_lng6.png

4.PSP-2000/3000の方は「SLIM」フォルダ内にある
     『ChickHEN』フォルダをメモリスティック内のPSP/PHOTOにフォルダのままコピーしてください。

※PSP-1000の方は「PHAT」フォルダをコピーしてください。
psp_hen6.png













5.次に解凍した直下にある『h.bin』をメモリスティックのルート(一番上の階層)にコピーしてください。

psp_hen7.png













6.XMBメニューから「Photo」→「Memory Stick」→「ChickHEN」を選択して、そのまましばらく放置してください。

psp_hen8.png

7.しばらくすると自動的にPSPが再起動され、本体情報に「5.03 ChickHEN」と表示されていれば成功です。
psp_hen9.png

失敗したり、うまくいかない場合は、電源を切れば再び元に戻るので、同じ作業を繰り返してください。

8.次にXMBメニューから「ゲーム」→「メモリスティック」→「CFWLoader 3.01」を起動してください。

起動に成功すると右側に、「Flash And Start」と「Exit」の選択メニューが出るので、「Flash And Start」を選択して、○ボタンを押していけば、FlashにCFWがインストールできます。

色々な事が可能になります。

psp_cfwenabler1.png
  1. ボタンアサインの変更
    psp_cfwenabler2.png
     
  2. ファームウエアの偽装(ソフトウエアにファームウエアのバージョンを詐称する)

     
  3. CPUの速度変更

     
  4. その他のオプション
※ついでに、PS1エミュの起動方法を残しておきます。

1.まず「SPAR Dumper」をダウンロードし、解凍します。

     ダウンロード先 「SPAR Sumper

PSAR.png
開いたページの中央の少し下に、
左のようなオレンジ色のボタンが
あるので、それをクリックしてダウ
ンロードできます。




2.解凍したら、「new psardumper」フォルダをメモリースティックのPSP/GAMEフォルダにコピーして下さい。

3.メモリースティックのルート(いちばん上の階層)にFW5.00の「EBOOT.PBP」をコピーして下さい。

4.XMBメニューから「ゲーム」→「メモリースティック」→「NEW PSAR DUMPER」を起動して下さい。

5.メッセージが流れるので×ボタンを押します。しばらくすると、展開が終了し、自動的にメニュー画面に戻ります。

6.メモリースティック内に「F0」フォルダが生成されていますので、「kd/pops.prx」「kd/popsman.prx」をメモリースティックのPSP/GAME/CFWEnabler/Popsフォルダにコピーして下さい。

7.XMBメニューから「ゲーム」→「メモリースティック」→「CFWLoader 3.01」を起動して下さい。

8.「Enable Pops Support」を選択し実行すれば、ISOからEBOOT.PBPに変換したPS1ゲームが起動可能になります。

9.又、「Settings」を選択し実行すれば、プラグインの有・無効や破損ファイル非表示等、一部リカバリーモードと同じ設定が可能になります。



PR
投稿者 : かおん [編集]

COMMENT

ADD YOUR COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK URL

PSP-3000のセーブデータ用メモリ

URL  2009/08/05(Wed)11:55:17
2008年10月にSONYの携帯用ゲーム『PSP』