忍者ブログ
AMAZON
フリーエリア
最新コメント
広告
インテル製チップセットを搭載し、基本機能の充実、メンテナンス性も向上した高性能なクライアントPC Endeavor AT971 HP Directplus オンラインストア
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

投稿者 : かおん [編集]

普通は、ファイルオープンしてみて失敗したら無いとか、成功ならあるとかやるので、このAPIはめったに使用しないが、たまたま今日、キャッシュファイルの管理で使用したので、まとめておきます。

C言語での使い方

インクルードファイル: shlwapi.h
ライブラリーファイル: shlwapi.lib

関数:
BOOL PathFileExists(LPCTSTR FileName);

FileName : 判定するファイル名
フルパス、又は、カレントのファイル名を指定して、そのファイルがあるかどうか調べるAPI

C言語でのサンプル

#include <shlwapi.h>
#pragma comment( lib, "shlwapi.lib" )

   char CheckFileName[512];
   sprintf( CheckFileName, "c:\\test.jpg" );
   if( PathFileExists( CheckFileName ) ) {
      // CheckFileNameは存在した時の処理
   }else{
      // CheckFileNameが存在しなかった時の処理
   }

VB5 - 6での宣言の仕方

Declare Function PathFileExists Lib "shlwapi.dll" Alias "PathFileExistsA" _
    (ByVal lpszPath As String) As Long

VB.NETでの宣言の仕方

Declare Function PathFileExists Lib "shlwapi.dll" Alias "PathFileExistsA" _
    (ByVal lpszPath As String) As Integer

VBでの使い方

Private Sub Command1_Click()
   CheckFileName = "c:\test.jpg"
   If PathFileExists(CheckFileName) Then
      ' CheckFileNameは存在した時の処理
   Else

      ' CheckFileNameが存在しなかった時の処理
   End If

End Sub

PR
投稿者 : かおん [編集]

COMMENT

ADD YOUR COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK URL