忍者ブログ
AMAZON
フリーエリア
最新コメント
広告
インテル製チップセットを搭載し、基本機能の充実、メンテナンス性も向上した高性能なクライアントPC Endeavor AT971 HP Directplus オンラインストア
34 33 32 31 30 28 27 26 25 24 23 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

投稿者 : かおん [編集]
以前購入した MOVIE COWBOY の新型(DC-MC35ULI)が、5月2日に発売されていた。
moviecowboy.gif

パソコンを使用せずにインターネットのコンテンツ共有サービス(Youtube、Picasaなど)の検索および視聴が可能や、本体にiPod専用Dockを搭載しているので、iPodに収録された音楽、ビデオ、写真ファイルをDC-MC35ULIのリモコン操作でTVに出力できる。
など、魅力な反面、ハードウエアでの再生フォーマットが、減った?
前機種(DC-MC35UL3)では再生できたWMV9が再生できなくなっている。
たしかに今まで再生できなかったmkvなども再生できるようになっているが、wmv9が再生できないのは、ちょっと痛い。
いままでのデータを全部変換するとなるととほうもない時間を要してしまう。
また、この時期に発売するのにH.264に対応していないのも残念だ。

トランスコードユーティリティ(FTS)で再生可能と言っても、視聴の間PCを起動させておかないといけないのは、正直厳しい。
仮にトランスコードユーティリティがLINUXに対応しているならまだ、自宅のメディアサーバに兼任させることはできるが、Windows専用ソフトだ。

DC-MC35UL3で使用していたチップセットが、Sigma Design社のEM8620Lだった、その後Sigma Design社の後継チップ EM8622L 8624L 8626L 8628Lは、いずれもMPEG-4.10(H.264)に対応していたから次期MOVIE COWBOYは絶対H.264に対応するだろうと期待していただけに非常に残念だ。



PR
投稿者 : かおん [編集]

COMMENT

ADD YOUR COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK URL